【FC琉球マッチレビュー】東京ヴェルディ戦~2020シーズン第10節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、



今回のマッチレビューは、

FC琉球vs東京ヴェルディ

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【試合情報】
J2リーグ第10節
FC琉球vs東京ヴェルディ
2020年8月8日(土)18:00
会場:味スタ
観客数:2281人
天気:晴
気温:29.7℃
湿度:56%
風:無風
主審:先立圭吾 
副審:塚越由貴 
副審:藤澤達也

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

4-4-2

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF李栄直
DF11田中恵太
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
MF風間宏矢
MF10富所悠
MF18山口和樹
MF20上里一将
MF23池田廉
FW16阿部拓馬

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK26田口潤人
DF鳥養祐矢
DF福井諒司
DF38上原牧人
MF13河合秀人
FW21上原慎也

【東京Vスタメン】

4-4-2

ポジション背番号選手名
GK31マテウス
DF若狭大志
DF平智広
DF高橋祥平
MF藤本寛也
MF佐藤優平
MF21山本理仁
MF24奈良輪雄太
FW14森田晃樹
FW20井上潮音
FW25端戸仁

【東京Vサブ】

ポジション背番号選手名
GK柴崎貴広
DF16福村貴幸
MF11井出遥也
MF19小池純輝
MF30阿野真拓
MF36藤田譲瑠チマ
FW48山下諒也

スタメン&フォーメーション

試合結果

東京V
前半
後半

琉球

スタッツ

東京V琉球
50%ボール支配率50%
10シュート12
枠内シュート
549(86%)パス(成功率)480(85%
オフサイド
フリーキック
コーナーキック
ペナルティキック
イエローカード
レッドカード

試合経過

東京V琉球
OUT
山本理仁
井上潮音
IN
藤田譲瑠チマ
山下諒也
後半0分
OUT
森田晃樹
IN
井出遥也
後半15分OUT
富所悠
IN
河合秀人
OUT
奈良輪雄太
IN
福村貴幸
後半22分
後半33分OUT
池田廉
IN
上原慎也
イエローカード
高橋祥平
後半40分
後半46分
0-1
GOAL
阿部拓馬
OUT
高橋祥平
IN
小池純輝
後半47分
イエローカード
佐藤優平
試合終了後

試合全体の考察

琉球も東京Vも、

ボールを保持し、相手を崩すスタイル



ボールを持っている方が、

ペースを握っている、、、

という考えになるのだが、、、



勝敗は、得点を多く取った方が勝ち

失点が多いチームが負け



だから、、、

「ボールを多く保持しても、勝利には結びつかない」

ということになる。



ですが、、、わたしは、

サッカースタイルが似ている同士の戦いは、

結果以上に内容も大事だと思っています。

なので、

大事な意味を持った試合ってことです。

東京ヴェルディ
ボール支配率  リーグNO.1 
パス数、パス成功率  リーグNO.1



そんななか、試合前半を0対0で終えても、

お互いがチャンスを、

多く作ることが出来たし、

前半から、とても見応えがある試合だった。



後半開始からは、、、

東京Vは主導権を握りたい為、



選手2枚変えで、ギアを上げてきた。



それでも、

試合展開は互角な展開が続いていた。



0対0が長い間続き、

一つのミスが、

重くなっていく、、



試合終盤、試合が動く



東京Vの選手が、報復プレー

これがPKの判定になる。



終盤でのPKでの得点は、

琉球にとっては、

ラッキーな形だったが、、、

しかし、

東京Vの選手が激しく、動揺してても、

琉球の選手は、気持ちをコントロールして、

今シーズン初の無失点試合を果たし、



結果、、

2連勝を果たした。

内容はほぼ互角な展開で好ゲーム
琉球にとっては自信がつく勝利
  • ヴェルディのビルドアップ
  • 次節の課題は、、、

ヴェルディのビルドアップ

ビルドアップの時は、

左SB奈良輪が高い位置を取り、

右SBの若狭が絞り、

スリーバックの形で並ぶ。

琉球のトップがプレッシャーにきた場合、

間では、山本と佐藤が、

縦パスを受けれる位置にいる。

佐藤は中へ絞るので、

左サイドの奈良輪が高い位置までいける。



そんな形で左サイドを意識させたら、

生きてくるのが、

右サイドのスペース

前半11分のシーン

富所悠が若狭にプレッシャーに出ると、

できたスペースで森田が受ける。

嫌な位置で受けるのですが、

これを富所がカバーに下りて防いだ。



また、ボールを保持し、相手の隙を探す。

一度、左サイドに展開したことで、

左に重心がズレる。

そして、若狭の所にボールを持つと、、、

  1. 縦パス
  2. 右サイドにパス

という判断があるが、

縦パスは入れられたくない為、

富所悠は縦パスを切り、

サイドにパスを出させる。



そして、右サイドで開いた位置で

ボールを森田が受けると、、、

背後のスペースを、藤本は狙えるが、

ワンフェイクを入れ、横パスで受ける。



すると、

森田と藤本のワン・ツーで

右サイドを崩した。

ヴェルディは相手の間で

ボールを受けるのが上手くて

良い形で崩すシーンが多かった

次節の課題は、、、

次節は中3日の甲府戦です。

これから連戦が続きますので、

コンディション調整が重要。

8/8(土)8/12(水)8/16(日)8/19(水)8/23(日)8/29(土)
東京V戦(A)甲府戦(H)群馬戦(A)栃木戦(H)新潟戦(A)山形戦(H)

ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:東京ヴェルディvsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第10節 2020/8/8

次節の対戦情報

【対戦カード】

第11節(HOME)

日時:8月12日(水)

19:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ヴァンフォーレ甲府
8/9時点(8位)

次節の試合内容の、

マッチプレビューとマッチレビューも書く予定です。



ここまで読んで頂き、

ありがとうございます。

コメント

  1. ばーろ より:

    何気に初の無失点勝利だったんだね♪(^^)
    この勝利は大きい!