【FC琉球マッチレビュー】2021シーズン第10節〜ヴァンフォーレ甲府戦〜

マッチレビュー

このブログは、FC琉球を応援している、マサが書いたブログです。

参考にして貰えたら嬉しいです。

【わたしの経歴】
FC琉球2020シーズン全42試合
マッチプレビュー、マッチレビューを執筆

【マッチレビューを読むメリット】

なんとなく試合を振り返られる

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合の詳細

【対戦カード】

第10節(HOME)

日時:4月25日(日)

17:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ヴァンフォーレ甲府
現在の順位 6位

スタメン&サブ

【琉球スタメン】

4-2-3-1

【琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK31猪瀬 康介
DF李 栄直
MF10富所 悠
MF13清武 功暉
MF29市丸 瑞希
FW21上原 慎也
FW24赤嶺 真吾

【甲府スタメン】

3-4-2-1

【甲府サブ】

ポジション背番号選手名
GK21小泉 勇人
DF30浦上 仁騎
MF金井 貢史
MF野澤 英之
MF24山田 陸
FW11有田 光希
FW19宮崎 純真

試合結果

琉球
前半
後半

甲府

スタッツ

琉球甲府
49%ボール支配率51%
シュート11
枠内シュート
432(78)パス(成功率)495(79

試合内容の振り返り

前半の序盤から、甲府にボールを握られる時間が続き、甲府ペースで試合を進めていく。

しかし、徐々にFC琉球もペースを握り、五分五分の展開となった。

暫く、スコアレスの状態が続いたが、、、

後半45分、池田廉の執念のヘディングシュートでゴールをこじ開ける。

甲府からは、激しく抗議があった。しかし、ゴールが認められる。(GK岡西への岡崎のチャージに対する抗議)

終盤、甲府のフリーキックで、FC琉球はピンチを迎えるが、池田廉の顔面ブロックでシュートを阻止。このプレー直後に、試合終了となった。

こう着状態が長く続いたが、最後の最後で、FC琉球は劇的勝利を収めた。

そして、

前節の敗戦のショックを断ち切る、見事な勝利となった。

ヴァンフォーレ甲府の印象

  • 微妙な判定でしたが、試合終了後には、相手チームの健闘を讃えた(素晴らしいです)
  • 全体的にバランスが取れているチーム
  • 両サイド、バランス良く攻めていた

得点シーン

後半45分

得点 池田廉

選手交代

後半19分

阿部拓馬→ 清武功暉

風間宏矢→ 赤嶺真吾

後半32分

風間宏希 → 富所悠

後半45分

上里一将 → 市丸瑞希

清水慎太郎 → 上原慎也



ハイライト動画

Jリーグ公式チャンネル(YouTube引用)

【公式】ハイライト:FC琉球vsヴァンフォーレ甲府 明治安田生命J2リーグ 第10節 2021/4/25

次節の対戦相手は

SC相模原

次節は、アウェイでSC相模原戦です。相模原は、今シーズンJ2に昇格したクラブで、現在順位が16位です。

連戦を終え、少し休み、また直ぐに連戦から入ります。

5月の試合数は6試合です。その中には、

現在3位、京都

現在首位、新潟

との、上位直接対決があります。是非、注目して欲しいと思います。

【5月の試合日程】

開催日対戦相手HOMEAWAY結果
5/1(土)SC相模原AWAY
5/5(水)京都サンガF.C.HOME
5/8(土)愛媛FCAWAY
5/15(土)栃木SCHOME
5/22(土)モンテディオ山形HOME
5/30(日)アルビレックス新潟AWAY

コメント