【FC琉球マッチレビュー】V・ファーレン長崎戦~2020シーズン第5節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年

長崎戦は、大雨のなかでの応援でしたね。

タピスタのピッチは、素晴らしい

なぜなら、大雨でも、、

・ボールが転がる
・ボールが止まらない

「芝の管理がしっかりされている」

からだと思います。

さて、、、



今回のマッチレビューは、

FC琉球vsV・ファーレン長崎

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【試合情報】
J2リーグ第5節
FC琉球vsV・ファーレン長崎
2020年7月15日(水)19:00
会場:タピスタ
観客数:671人
天気:曇りのち雨
気温:30.3℃
湿度:68%
風:強風
主審:今村義朗  
副審:野村修 
副審:清水崇之

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

4-1-4-1

ポジション背番号選手名
GK26田口潤人
DF 李栄直
DF11田中恵太
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
MF風間宏希
MF風間宏矢
MF20上里一将
MF27茂木駿佑
MF28小泉佳穂
FW21上原慎也

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF鳥養祐矢
DF福井諒司
MF小野伸二
MF10富所悠
MF23池田廉
FW16阿部拓馬

【長崎スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GK21高木和徹
DF16毎熊晟矢
DF22徳永悠平
DF23米田隼也
DF26二見宏志
MF吉岡雅和
MF14名倉巧
MF17秋野央樹
MF40カイオ セザール
FW富樫敬真
FW11玉田圭司

【長崎サブ】

ポジション背番号選手名
GK富澤雅也
DF亀川諒史
DFフレイレ
MF13加藤大
MF20大竹洋平
FW29畑潤基
FW32ビクトル イバルボ

スタメン&フォーメーション

試合結果

FC琉球
前半
後半

V・ファーレン長崎

スタッツ

琉球長崎
50%ボール支配率50%
15シュート
枠内シュート
664(91)パス(成功率)570(90%
オフサイド
フリーキック17
コーナーキック
ペナルティキック
イエローカード
レッドカード

試合経過

琉球長崎
前半8分イエローカード
名倉巧
前半40分
0-1
GOAL
毎熊晟矢
後半0分OUT
名倉巧
玉田圭司
IN
大竹洋平
加藤大
OUT
上原慎也
IN
阿部拓馬
後半10分
OUT
風間宏矢
茂木駿佑
IN
富所悠
池田廉
後半22分
後半24分OUT
高木和徹
IN
富澤雅也
GOAL
池田廉
後半25分
1-1
後半31分OUT
カイオ セザール
IN
ビクトル イバルボ
イエローカード
富所悠
後半38分
後半39分 OUT
富樫敬真
IN
畑潤基
OUT
風間宏希
IN
小野伸二
後半47分

試合全体の考察

  • 4-1-4-1について
  • 田中恵太を右SBで起用
  • 鈴木大誠&李栄直のCBは、、、
  • 待望の池田廉の初ゴール
  • 惜しい攻撃シーンを紹介
  • 次節への課題は、、、

4-1-4-1について

攻撃時、琉球のSBは高い位置を取る。

なので、、

ポジションはこんな形になる。



上里はアンカーのポジションを取り、

試合をコントロールする。



小泉、風間宏希は、

DF間の位置で、ボールを受けるので、

縦パスが入り、中央に意識させ、、

サイドのスペースを、
突く攻撃が可能になる。



田中恵太を右SBで起用

田中恵太といえば、

右サイドの攻撃ポジションを

得意としている選手だが、、、



右SBで今シーズン初スタメン!



裏のスペースへの抜け出しを、

得意としている選手なので、

左サイドで攻撃しつつ、

逆サイドの右サイドの裏へ、

サイドを使った攻撃

この様な、攻撃が可能となる。

しかも、

ドリブルの仕掛けからシュートも得意。

実際に、長崎戦では、

そういうシュートもあった。



右SBには、

鳥養祐矢、タヴァレスもいるが、、、

良いパフォーマンスだったと思う。

鈴木大誠&李栄直のCBは、、、

開幕戦では出場していたコンビなので、

守備の連係は問題なかった。

鈴木大誠は、、徳島ヴォルティスから、

期限付き移籍で琉球に加入。



カイオ セザールとの1対1の場面では、

見事なシュートブロックで、

「対人プレーに強い」という印象を感じた。

待望の池田廉の初ゴール

開幕戦では、ルーキーでスタメンを果たし、

良いパフォーマンスだったが、

結果を残せず、途中交代だった。



久しぶりのベンチ入りし、

途中出場で、初ゴールは、

チームにとっては、プラスになる。

ボールも受けれるし、良い選手だと思う。

惜しい攻撃シーンを紹介

【前半29分頃のプレー】

左サイドよりから、
①②③上里⇔風間宏希パスで繋ぎ

④⑤風間宏希⇔小泉佳穂ダイレクトで落とす

⑥⑦風間宏希⇔風間宏矢ダイレクトで落とす

⑧風間宏希→田中恵太へ展開

田中恵太が縦を突破し、クロスを入れるが、

中の選手が反応できず、

シュートにならなかった。



だが、ダイレクトパスの良い崩しで、

最後は中の枚数も揃っていたので、

良い攻撃の形だったと思う。

次節への課題は、、、

課題だった後半の複数失点は、

長崎戦では、、前半の1失点のみ。

最後まで集中を切らさず、

良い守備をしていたと思う。



なので、、、次節の課題は、

  • セットプレーの失点を減らす
  • 連戦、アウェイ戦、コンディション調整
  • 追加点を決める

お互いがボールを握りるなか、

後半に追いついたことは評価できる。

しかし、正直、

勝てる試合だったと思う。



なので、、追加点を決め、

複数得点での勝利が観たい。

ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:FC琉球vsV・ファーレン長崎 明治安田生命J2リーグ 第5節 2020/7/15

次節の対戦情報

【対戦カード】

第6節(AWAY)

日時:7月18日(土)

19:00キックオフ

試合会場:みらスタ

【対戦相手】
 レノファ山口FC
7/15時点(20位)



だが、やっと、、、

選手のコンディション、

試合感が戻った印象。

次節が楽しみで、仕方がない。



ここまで読んで頂き、

ありがとうございます。

コメント