【FC琉球マッチレビュー】V・ファーレン長崎戦~2020シーズン第34節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、



今回のマッチレビューは、

FC琉球vsV・ファーレン長崎

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【対戦カード】

第34節(AWAY)

日時:11月15日(日)

14:00キックオフ

試合会場:トラスタ

【対戦相手】
V・ファーレン長崎
11/11時点(3位)

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名交代選手(交代時間)
GK26田口潤人
DF福井諒司
DF李栄直
DF11田中恵太
DF14沼田圭悟
MF風間宏矢→茂木駿佑 (後半43分)
MF13河合秀人
MF20上里一将→風間宏希(後半43分)
MF28小泉佳穂
MF29市丸瑞希
FW16阿部拓馬→池田廉(後半17分)

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名交代時間
GKダニーカルバハル
DF鳥養祐矢
MF24鈴木大誠
MF風間宏希後半43分
MF小野伸二
MF23池田廉後半17分
MF27茂木駿佑後半43分

【長崎スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名交代選手(交代時間)
GK21高木和徹
DFフレイレ
DF鹿山拓真→磯村亮太 (後半43分)
DF角田誠
DF24江川湧清
MF14名倉巧→澤田崇 (後半21分)
MF17秋野央樹
MF18氣田亮真→富樫敬真 (後半34分)
MF40カイオセザール
FW11玉田圭司→大竹洋平 (後半0分)
FW25エジガル ジュニオ→ビクトル イバルボ (後半21分)

【長崎サブ】

ポジション背番号選手名交代時間
GK30徳重健太
DF39庄司朋乃也
MF磯村亮太後半43分
MF19澤田崇後半21分
MF20大竹洋平後半0分
FW富樫敬真後半34分
FW32ビクトル イバルボ後半21分

スタメン&フォーメーション

試合結果

長崎
前半
後半

琉球

スタッツ

長崎琉球
51%ボール支配率49%
シュート13
枠内シュート
489(85)パス(成功率)539(84%

試合全体の考察

琉球は前節から、変更は5人。

【IN】
田口潤人
福井諒司
田中恵太
市丸瑞希
阿部拓馬
 
【OUT】
ダニーカルバハル
鈴木大誠
上原牧人
風間宏希
池田廉

一方、長崎は前節のスタメンから1人変更。

FW富樫敬真の位置に、

エジガル ジュニオを起用した。



【前半11分】河合のカットインから、下げたボールを上里がミドルシュート。

【前半15分】小泉が縦パスを受けてスルーパス。河合のトラップが少し大きかった。

【前半19分】小泉のスルーパスから河合が、抜け出し、シュートするが、キーパーが阻止。

【前半19分】阿部がミドルシュート。惜しいシュートだったが、キーパーが阻止。

【前半27分】エジカルジュニオのミドルシュート。GK田口潤人がセーブ。

【前半36分】左サイドを突破され、名倉にシュートを打たれるが、福井がシュートブロック。

【前半41分】風間宏矢から河合へスルーパス。ペナルティエリア前で相手に倒される。イエローカード。

【前半43分】上里のフリーキック。枠内でしたが、キーパーのやや正面。

前半のスタッツ

長崎琉球
51%ボール支配率49%
シュート
238(90%)パス(成功率)270(87%)

  

琉球ハーフタイツの交代なし。

長崎は玉田を下げ、大竹を投入。



【後半2分】前線のエジカルジュニオへのボールを、福井が見事なディフェンスで相手の攻撃を潰した。

【後半12分】風間宏矢のカットインから左足のシュート。GKがセーブ

【後半15分】エジカルジュニオと気田のパス交換から、気田がドリブルからシュート。GK田口潤人がビックセーブ。

【後半16分】阿部を下げ、池田廉を投入。(池田は前回対戦では得点している)

【後半19分】河合のシュート。相手のシュートブロックで阻止される。

【後半19分】コーナーキックから沼田へのボール。しかし、あと少し

【後半20分】長崎、エジカルジュニオ、名倉を下げ、イバルボ、 澤田を投入

【後半23分】河合のゴールで琉球先制!16試合ぶり、2点目

【後半34分】気田を下げ、富樫敬真を投入

【後半37分】ペナルティエリア内で、福井が相手選手を倒した様に見えたがノーファールの判定。

【後半39分】ゴールキーパー田口潤人が相手選手との接触。一旦プレーが中断する。

【後半42分】上里、風間宏矢を下げ、茂木、風間宏希を投入

【後半44分】イバルボのシュートは大きく外れる

【後半46分】フリーキックのチャンス。距離は19m、キッカーは風間宏希だったが、相手壁にあたり、コーナーキック。

【後半47分】コーナーキックから、ボールキープを選択。タッチラインにボールが割り、相手が急いで、プレーを再開すると、激しいチェックで、再び琉球がボールを回収。

試合終了。

なんと、FC琉球が、

上位相手に勝ち点3をもぎ取った。



勢いがあった長崎を、

琉球のサッカーが

通用することを、結果で表現できた。



まさに、、、



「価値を証明する勝利」

だと思います。





【V・ファーレン長崎】この試合での印象

  • エジガル ジュニオをDF陣がなんとか抑えた
  • カイオセザールが厄介だった
  • #18 氣田亮真はドリブルが上手かった
  • セットプレーは、やっぱり、迫力があった。

得点シーン

【得点シーン①】後半24分

得点 河合秀人

アシスト 池田廉

フォーメーションについて

後半17分

阿部拓馬 → 池田廉

後半43分

風間宏矢 → 茂木駿佑

上里一将 → 風間宏希



ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:V・ファーレン長崎vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第34節 2020/11/15

5連戦の結果

【5連戦の結果】

30節31節32節33節34節
11/1(日)11/4(水)11/8(日)11/11(水)11/15(日)
大宮戦(A)甲府戦(A)山口戦(H)福岡戦(A)長崎戦(A)
〇3-0●0-1〇1-0●1-3〇1-0

3勝2敗

勝ち点9獲得
アウェイでの連戦が続いたが、
5連戦で初めて
勝ち数が上回った

次節の対戦情報

【対戦カード】

第35節(HOME)

日時:11月21日(土)

16:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ギラヴァンツ北九州
11/15時点(4位)



【今後の5連戦の日程】

35節36節37節38節39節
11/21(土)11/25(水)11/29(日)12/2(水)12/6(日)
北九州戦(H)磐田戦(A)東京V戦(H)金沢戦(H)岡山戦(H)
次節対戦










ここまで読んで頂き、

ありがとうございます。

【おまけ】残り8節、琉球が狙える順位は、、、

琉球の現在の順位は、

18位です!



この順位から、長い間、

変動がありませんが、、

残り、8節で、

昨シーズンの14位は超えたい。

現在の順位18位(勝ち点39)
昨シーズン14位(勝ち点49)

残り8節で、

勝ち点10以上を取れば、

14位は超えるかも知れません。



ですが、ここはあえて、

目標を高くして、

「1桁順位」

を目指しても良いと思います。

昨シーズン9位
ファジアーノ岡山(勝ち点65)
現在の勝ち点39
残り8試合全勝(+24)
勝ち点63



長崎を倒して、

完全に調子乗ってると思いますが、



今年は降格争いもありませんし、、、



現在の勝ち点からでは、昇格も無理。



なので、1桁順位は、

厳しい目標かもしれませんが、、

目指す価値あると思います。



そんな、感じで、



琉球の勢いが凄い!

琉球のサッカーが面白い!



って思われたい。

コメント