スポンサーリンク

【FC琉球マッチレビュー】2021シーズン第15節〜モンテディオ山形戦〜

マッチレビュー

このブログは、FC琉球を応援している、マサが書いたブログです。

参考にして貰えたら嬉しいです。

【わたしの経歴】
FC琉球2020シーズン全42試合
マッチプレビュー、マッチレビューを執筆

【マッチレビューを読むメリット】

なんとなく試合を振り返られる

試合の詳細

【対戦カード】

第15節(HOME)

日時:5月22日(土)

18:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
モンテディオ山形
現在の順位 15位

スタメン&サブ

【琉球スタメン】

4-2-3-1

【琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK31猪瀬 康介
DF鳥養祐矢
DF李 栄直
MF10富所 悠
MF27茂木 駿佑
MF29市丸 瑞希
FW21上原 慎也

【山形スタメン】

4-4-2

【山形サブ】

ポジション背番号選手名
GKビクトル
DF23熊本 雄太
DF28吉田 朋恭
MF岡崎 建哉
FW13木戸 皓貴
FW20ルリーニャ
FW27松本 幹太

試合結果

琉球
前半
後半

山形

スタッツ

琉球山形
57%ボール支配率43%
18シュート
枠内シュート
735(85)パス(成功率)474(83

失点シーン

前半8分

得点 半田 陸

後半11

得点 野田 裕喜

試合内容の振り返り

天気予報が雨にも関わらず、タピスタのピッチには、更に水を撒く。ボールが良く動く、琉球らしい攻撃を展開し、ホーム2連勝を狙う

しかし、この試合も琉球は、先制点を奪われる

前半8分、國分のコーナーキックから半田が流し込み、得意のセットプレーでの得点に成功する。

早く追いつきたい琉球だったが、、、

後半11分、國分のコーナーキックから野田のヘッドで、2点のリード奪われる。

流れを変えるべく、

前節ゴールを決めた茂木や、高さがある上原慎也を投入する。

すると、相手陣の深いスペースを突ける様になると、琉球攻撃の時間帯となる。

右サイドの田中が、果敢に何度もオーバーラップを仕掛け、得点チャンスを演出するが、最後まで得点を奪えず、ホーム初黒星を喫した。

山形は、集中力を持って戦っていて、素晴らしかった。

琉球は、ホーム初黒星を喫したが、気持ちを切り替えて、次の試合に挑むことが大事。

モンテディオ山形の印象

  • 注意していたセットプレーで2得点
  • 落ち着いてパスを捌き、プレッシャーを回避していた印象
  • 試合が終わるまで集中力が凄かった

選手交代

後半0分

岡崎亮平 → 李 栄直

後半14分

風間宏希→ 茂木駿佑

池田廉→ 富所悠

後半24分

清武 功暉上原 慎也

後半39分

風間宏矢鳥養祐矢



ハイライト動画

Jリーグ公式チャンネル(YouTube引用)

【公式】ハイライト:FC琉球vsモンテディオ山形 明治安田生命J2リーグ 第15節 2021/5/22

スタジアム観戦の様子

スタジアム観戦の様子をYouTube動画で紹介しています。

興味がある方はどうぞ↓↓↓

【スタジアム観戦】モンテディオ山形戦

次節の対戦相手は

アルビレックス(2位)

次節は、アウェイでアルビレックス新潟戦です。

ここまで首位を走っていた新潟でしたが、京都との上位直接対決に敗れ、

2連敗を喫した。

順位を2位に落とし、ショックは大きいはずだが、、、

強い気持ちで、琉球戦に向けて調整してくるはず。

なので、、、

更に、手強い相手になりそう

上位争いについて

首位の新潟が、京都に敗れ、琉球も敗れたことにより、

京都が首位に浮上。

2位新潟、3位琉球は勝ち点で並ぶ為、今節の直接対決は注目度大。

次節の試合結果次第では、順位が入れ替わる可能性もある。

磐田、甲府も上位争いに‼︎

4位磐田、5位甲府も勝ち点積んで、上位争いが一層激しくなってきた。

【上位の順位と勝ち点】

順位チーム名勝ち点得失点差
京都3516
新潟3320
琉球3313
磐田29
甲府28

上位2位までがJ1自動昇格。(J1参入プレーオフなし)

5月の試合日程と結果

【5月の成績】

2勝2分1敗

【5月の試合日程】

開催日対戦相手HOMEAWAY結果
5/1(土)SC相模原AWAY
5/5(水)京都サンガF.C.HOME
5/8(土)愛媛FCAWAY
5/15(土)栃木SCHOME
5/22(土)モンテディオ山形HOME
5/30(日)アルビレックス新潟AWAY

スポンサーリンク
マッチレビュー
マサをフォローする
スポンサーリンク
masablog

コメント