【FC琉球マッチレビュー】ジェフ千葉戦~2020シーズン第1節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年

FC琉球グッズが販売されていれば、

思わず買ってしまう

サポーターの1人です。



さて、いよいよ、

FC琉球の2020シーズンが開幕されました。



アウェイ千葉での開幕でしたが、

多くの琉球サポーターが

フクアリに訪れていました。



わたしも、現地でサポーターと一緒に、

応援が出来て、めちゃくちゃ楽しかったです。



では、早速、

マッチレビュー記事の主な内容です。

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報



マッチプレビュー記事が気になる方は

↓↓↓

【FC琉球2020シーズン開幕戦】ジェフ千葉戦のマッチプレビュー



ジェフ千葉戦の詳細データー

試合情報

【試合情報】
J2リーグ第1節
ジェフユナイテッド千葉 対 FC琉球
2020年2月23日(日)14:00
会場:フクダ電子アリーナ
観客数:9701人
天気:晴れ
気温:15.3℃
湿度:20%
風:弱風
主審:岡 宏道
副審:櫻井 大輔
副審:大矢 充

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

ポジション背番号選手名
GK26田口潤人
DF14沼田圭悟
DFリ ヨンジ
DF24鈴木大誠
DFタヴァレス
MF20上里一将
MF風間宏希
MF13河合秀人
MF23池田廉
MF27茂木駿佑
FW16阿部拓馬

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK31猪瀬康介
DF鳥養祐矢
DF15知念哲矢
MF小野伸二
MF風間宏矢
MF28小泉佳穂
FW21上原慎也

【ジェフ千葉スタメン】

ポジション背番号選手名
GK新井章太
DF33安田理大
DF15チャン ミンギュ
DF17新井一耀
DFゲリア
MF堀米勇輝
MF18熊谷アンドリュー
MF田口泰士
MF50米倉恒貴
FWクレーべ
FW44川又堅碁

【ジェフ千葉サブ】

ポジション背番号選手名
GK31鈴木椋大
DF増嶋竜也
DF49下平匠
MF田坂祐介
FW10船山貴之
FW21アラン ピニェイロ
FW24山下敬大

スタメン&フォーメーション

試合結果

ジェフ千葉
前半
後半

FC琉球

スタッツ

ジェフ千葉FC琉球
34%ボール支配率66%
シュート19
枠内シュート
243(61%)パス(成功率)832(85%)
オフサイド
フリーキック11
コーナーキック10
ペナルティキック
イエローカード
レッドカード

ボール支配率、シュート数、パス(成功率)は圧倒している。しかし、枠内シュートが少ないということは、千葉に上手く守られていたことになります。

試合経過

ジェフ千葉FC琉球
GOAL
米倉恒貴
前半1分
1-0
後半12分OUT
池田廉
IN
上原慎也
OUT
新井一耀

IN
増嶋竜也
後半14分
後半18分イエローカード
河合秀人
後半23分OUT
茂木駿佑

IN
風間宏矢
OUT
川又堅碁

IN
アラン ピニェイロ
後半34分
後半35分OUT
風間宏希

IN
小野伸二
OUT
堀米勇輝

IN
山下敬大
後半47分

試合全体の考察

スタメンについて

琉球は開幕に、今シーズンから新加入した選手を8人も起用した。その中でも、一番の驚きは、大卒ルーキーの池田廉をスタメンに起用したことではないでしょうか。開幕前のTMでも、良い選手だなと思っていました。

まぁ、この大人数の新加入選手を起用したということは、去年よりも選手層が増したと印象を受けます。チーム内のポジション争いは激しくなって欲しいです。

新加入選手を多く同時に起用すると、心配されるのがチームの連携ですが、それに関しては、特に問題は無いように感じました。

失点シーンの解説

まさかの、キックオフ開始40秒での失点でした。解説していきます。

右サイドからのクロスを、鈴木大誠がクリア。このクリアボールを田口泰士に拾われ、ダイレクトで逆サイドを振られる。後手になった、タヴァレスがプレッシャーに行きますが、左サイドの堀米にクロスを上げられる。

中の状況は、千葉3人の選手(川又、クレーべ、米倉)、そしてセカンドボールを拾える位置に田口泰士が構える。FC琉球は(鈴木大誠、リ ヨンジ、沼田圭悟、風間宏希)4人と人数では対処はできていました。しかし、川又が上手く潰れたことによって、背後の米倉がフリーになり、ヘッドで決めることができた。

この失点シーンで、最初の鈴木大誠のクリアボールを拾えなかったことを注目しました。

クリアするシーンでは、精一杯足を伸ばしてクリアしています。ここで、クリアをするのであれば、サイドにクリアをしたいところでした。前半の最初でしたので、落ち着かせる意味でも、プレーを一度切る方が良かったかも知れません。

試合の流れ

試合の流れの主な変化をまとめました。

前半1分:【千葉先制】
米倉のゴール

前半終了
1対0千葉がリード

後半開始
交代なし

後半12分【琉球選手交代】
池田を下げ、長身の上原を投入
阿部を1列下げ、トップに上原
 
後半16分【千葉システム変更】
選手を変えずに
4-4-2 → 5-4-1 変更

試合終了
1対0 琉球負け

琉球は攻め続けたが、千葉の守備ブロックを崩せず、前半の1失点で敗れてしまいました。樋口監督からのコメントからでも、琉球のストロングポイントである、攻撃サッカーで勝負していたのに、得点0で敗れたので、悔しさがわかるコメントでした。

後半16分から千葉の選手を変えず、5バックにシステム変更したのは、結果的には失点0で抑えれていましたし、中の守備ブロックが堅かった。

ミドルシュートについて

まぁ、無得点でしたので、
「もっと、ミドルシュートを打て!」と思った方も多かったではないのでしょうか。

私なりに、ミドルシュートの可能性をまとめてみましたので、参考にして頂ければ幸いです。

早速ですが、結論です。

・ミドルシュートは必ず枠内に打て
・打たされるな、積極的に打て

ミドルシュートを打つメリット

  • シュートでプレーが終われる
  • 中を固めた相手が、プレッシャーに寄せてくることによって、スペースができる。
  • ミドルシュートの意識から、キックフェイントが効く。

ミドルシュートを打つデメリット

  • 枠外に外すと、相手ゴールキックからになる。
  • キーパーにキャッチされると、カウンターを食らう事もある。

ミドルシュートからの主な得点パターン

  • 直接ゴール
  • 相手に当たって、コースが変わり、そのままゴール
  • キーパーが弾いたボールを、押し込んでゴール

この試合で印象に残ったミドルシュート

後半42分、途中出場の小野伸二の強烈なミドルシュートがありました。このミドルシュートからは、色んなことが読み取れます。

  • 攻撃のリズムに変化をつけたかった
  • DF寄せが甘いのを見て、この距離から打った
  • ディフェンダーの間を通ったシュートだった
  • キーパーの正面だった

このシーンは、見方によっては、打たされたと思われますが、シュート自体は威力がありましたし、DFの寄せも甘かったです。

しかも、相手に当たってコースが変わる可能性もありますので、このミドルシュートの判断は正しかったと思いました。

選手交代について

1枚目の交代

1枚目の交代は、池田廉を下げ、長身FWの上原慎也を投入しました。これにより、トップの位置だった阿部拓馬が一列下がり、よりボールに触れる回数を増やす目的と、相手の守備ブロックに、競り勝てるFWの上原慎也の投入で、攻撃の選択肢が増えました。

2枚目の交代

2枚目の交代は、右サイドの茂木駿佑に変え、同じく右サイドの風間宏矢に交代。

3枚目の交代

3枚目の交代は、ボランチの風間宏希に変え、攻撃のバリエーション増やす為、小野伸二を投入。

もし、あの選手が出ていたら、、、

タラレバですけど、もし、この選手が出場していたらってのを妄想してみました。

  • 鳥養祐矢、、、DFの裏を突いてオーバーラップ、右サイドの活性化に期待できた。
  • 小泉佳穂、、、相手にとって、捕まえにくい、ボールを触れられる選手。攻撃のリズムの変化に期待できた。

良かったプレー

前半8分:河合秀人のカットインシュート

【前半8分】左サイド河合秀人のカットインからのシュート。 上里一将からのパスを左サイドで、右足のアウトで縦に行ける位置にトラップができた。 相手ディフェンスに縦の意識があるのを見て、得意のカットインからの右足シュート。相手GKに防がれましたが、良いプレーでした。

前半38分:綺麗な崩しから風間宏希のシュート

リ ヨンジからの縦パスを池田廉がボールを収め、これを阿部拓馬に繋ぐ、左サイドの河合秀人に展開し、中で「茂木駿佑、池田廉」がDFを引きつて出来たスペースに、風間宏希が走り込み、ダイレクトでシュートを流したが、惜しくも枠から外れた。

ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:ジェフユナイテッド千葉vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第1節 2020/2/23

次節の対戦情報

これだけ、チャンスを作って、攻撃的なサッカーをしているのですから、サポーターが期待したいのは、ゴールと勝利です。

次節の日程ですが、、、

新型肺炎コロナウイルスの影響で、Jリーグの開催が延期となりました。

【延期対象試合】
・2/29(土)第2節:ファジアーノ岡山戦(HOME)
・3/8(日)第3節:京都サンガF.C.戦(AWAY)
・3/14(土)第4節:アルビレックス新潟戦(HOME)

なので、今の段階では、次節の対戦情報は、、、

3/18(水)第5節:ザスパクサツ群馬戦となります。

【主な試合の情報】
J2リーグ第5節(AWAY)
ザスパクサツ群馬戦
3/18(水)
19:00キックオフ
会場:正田スタ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント