【FC琉球マッチレビュー】ギラヴァンツ北九州戦~2020シーズン第3節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年

今回のマッチレビューは、

ギラヴァンツ北九州vsFC琉球

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【試合情報】
J2リーグ第3節
ギラヴァンツ北九州 vs FC琉球
2020年7月4日(土)19:00
会場:ミクスタ
観客数:0人
天気:曇り
気温:23.8℃
湿度:62%
風:弱風
主審:小屋幸栄
副審:村田裕介
副審:塩津祐介

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF鳥養祐矢
DF福井諒司
DFリ ヨンジ
DF14沼田圭悟
MF風間宏希
MF20上里一将
MF10富所悠
MF18山口和樹
MF27茂木駿佑
FW16阿部拓馬

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK26田口潤人
DF24鈴木大誠
MF風間宏矢
MF小野伸二
MF11田中恵太
MF28小泉佳穂
FW21上原慎也

【ギラヴァンツ北九州スタメン】

ポジション背番号選手名
GK31永井堅梧
DF福森健太
DF岡村和哉
DF16村松航太
DF32永田拓也
MF10高橋大悟
MF17加藤弘堅
MF25國分伸太郎
MF39椿直起
FW11池元友樹
FW28鈴木国友

【ギラヴァンツ北九州サブ】

ポジション背番号選手名
GK高橋拓也
DF川上竜
DF15野口航
MF14新垣貴之
MF19永野雄大
FW佐藤亮
FWディサロ 燦シルヴァーノ

スタメン&フォーメーション

試合結果

ギラヴァンツ北九州
前半
後半

FC琉球

スタッツ

北九州琉球
54%ボール支配率46%
21シュート12
枠内シュート
530(81%)パス(成功率)465(78%
オフサイド
フリーキック10
コーナーキック
ペナルティキック
イエローカード
レッドカード

スタッツでも北九州が勝っています。

FC琉球のサッカーが出来なかった琉球は、

結果も内容も完敗です。

試合経過

ギラヴァンツ北九州FC琉球
後半0分OUT
山口和樹
IN
風間宏矢
GOAL
國分伸太郎
後半4分
1-0
後半13分OUT
富所悠
阿部拓馬
IN
小泉佳穂
上原慎也
GOAL
鈴木国友
後半16分
2-0
OUT
池元知樹
IN
佐藤亮
後半22分
後半23分OUT
福井諒司
IN田中恵太
OUT
鈴木国友
IN
ディサロ 燦シルヴァーノ
後半27分
OUT
永田拓也
IN
野口航
後半33分
後半40分OUT
茂木駿佑
IN
小野伸二
GOAL
ディサロ 燦シルヴァーノ
後半42分
3-0
GOAL
佐藤亮
後半46分
4-0

試合全体の考察

  • スタメンに富所悠が入った
  • 試合の流れをまとめてみた
  • 選手交代について考えてみた
  • なぜ、ここまで完敗だったのか
  • 失点シーンを振り返ります

スタメンに富所悠が入った

前節の試合の流れを変えるプレーが、

評価されスタメン復帰。



左サイドのポジションだったが、

前半には惜しいシュートを放ったが、

後半13分で交代。

試合の流れをまとめてみた

試合の流れの

主な変化をまとめました。

後半4分:【北九州GOAL】
得点者:國分伸太郎

後半16分:【北九州GOAL】
得点者:鈴木国友

後半23分:【琉球選手交代】
CB福井諒司を下げ、MF田中恵太投入
上里一将をCBにポジション下げる


後半42分:【北九州GOAL】
得点者:ディサロ 燦シルヴァーノ


後半46分:【北九州GOAL】
得点者:佐藤亮


試合終了
4対0 琉球負け

試合終了まで

北九州の運動量が落ちることなく、

琉球は1点も返すことができずに、

力負け。

選手交代について考えてみた

【今シーズン限定のルール】
・5人まで交代可能
・交代数はハーフタイムを除く3回まで

1回目の交代(ハーフタイム)

ハーフタイム
【OUT】山口和樹 
【IN】風間宏矢

1回目の交代は、山口和樹を下げ、

風間宏矢を投入。



前半から琉球はボールが繋がらない。



そんな流れを変えるべく、

ハーフタイムでの選手交代。

特に悪いプレーしたから、、、

とかの交代ではない。

2回目の交代

後半13分
【OUT】富所悠、阿部拓馬
【IN】小泉佳穂、上原慎也

2回目の交代は、

小泉佳穂、上原慎也を投入。



小泉佳穂はボールを受けて、

リズムを変えることが出来た。



上原慎也は途中出場で

3本のシュート打った。

1本目は裏へ抜け出しシュート
後半ロスタイムにヘディング2本。

決定的なシュートが多かった印象。

ひとつでも決めれていれば、

もう少し変わっていたかも。

3回目の交代

後半23分
【OUT】福井諒司
【IN】田中恵太

3回目の交代は、

DFを下げ、攻撃的な選手を投入した。

この交代により、

上里一将を、一つポジションを下げた。



この交代は、、、



上里一将に

ディフェンスを期待している訳ではなく、

ひとつ下がった位置からでも、

ボールを持たせ、攻撃させたかった。




結果は、

終盤に更に2失点。



意外性があったが、、、

それでも、北九州のプレスに

最後までやられ続けた。


4回目の交代

後半40分
【OUT】茂木駿佑
【IN】小野伸二

2点を追いかける場面での、

小野伸二の投入。

久しぶりにピッチでのプレーでしたが、

あまりにも、プレーが時間が短い、



コンディション悪いのか、、

後半の頭からだしても良かった。

もし、あの選手が出ていたら、、、

  • 岡崎亮平、、、ディフェンスリーダーが必要。
  • 河合秀人、、、ケガでメンバー外でしたが、カットインからのシュートに期待できた。
  • 池田廉、、、また、阿部拓馬との好連携が観たい。

なぜ、ここまで完敗だったのか

誰も、ここまで完敗することを

予想していなかったと思う。

「北九州のプレスが、試合通して完璧だった」



琉球は、

サイドバックも高い位置を取るので、



2枚のボランチと、

センターバック2枚は、



ゴールキック時は下で、

パスを繋げて、

攻撃を展開していく。

北九州のプレスがハマったシーンを紹介。

【前半3分のシーン】

パス①

ダニーカルバハルから福井諒司へ

福井諒司には鈴木国友がプレス

パス②

福井諒司から上里一将へ

池元友樹がプレス

右サイド側はハマっているとわかる




そうなると、

上手く逆サイドに展開したい。

パス③

上里一将から風間宏希へ

國分伸太郎がプレス、

あと、鈴木国友も下の方からプレス

パス④

風間宏希から鳥養祐矢にパス

右サイドに展開

右サイドに展開すると、

北九州のプレッシャーはスライドしており、

結果、右サイトでは数的不利。

北九州のプレッシャーがハマっています。



このプレーで、

パスミスを誘い、

北九州のボールになる。

 それでも、琉球は、
 パスを繋いで、 攻撃的に!!


縦パスが通れば、

もう少し楽になると思う。

失点シーンの振り返り

  1. パスで崩され失点
  2. 何度もボールを奪われ失点
  3. 後半終盤の痛い3失点目
  4. ロスタイム4失点目

パスで崩され失点

守備人数は揃っている。

ワンタッチでテンポよく繋ぎ、

サイドを何度も変えた。

高橋大悟のアシストから、

國分伸太郎のヘッド

2列目からの飛び出しでした。

何度もボールを奪われ失点

自陣で、ずっと押し込まれている。

一度、茂木駿佑がボールを奪うが、

それを奪われて、

ゴールまで完璧だった。

後半終盤の痛い3失点目

この3点目で、

試合をほぼ決定させた。

ロスタイム4失点目

更に失点、、、、です。

これ以上、振り返るのは、、、

キツイです。

諦めます。



失点シーンを振り返りたい方は、

ハイライト動画で確認できます。

ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:ギラヴァンツ北九州vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第3節 2020/7/4

次節の対戦情報

【対戦カード】

第4節(HOME)

日時:7月11日(土)

18:30キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
 徳島ヴォルティス
7/10時点(8位)

約1週間後ですが、

「連戦ではコンディション調整が大事」

この敗戦は、ショックだったが、

気持ちの切り替えが大事です。



次節は、樋口監督もコメントしていた、

「琉球のサッカーで、戦う姿勢、躍動感をもって戦う」

に期待して、応援したい。



次節はリモートマッチを解除。

私も久しぶりにタピスタに行きます。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

コメント