【FC琉球マッチレビュー】アビスパ福岡戦~2020シーズン第33節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、



今回のマッチレビューは、

FC琉球vsアビスパ福岡

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【対戦カード】

第33節(AWAY)

日時:11月11日(水)

19:00キックオフ

試合会場:ベススタ

【対戦相手】
アビスパ福岡
11/8時点(2位)

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名交代選手(交代時間)
GKダニーカルバハル
DF李栄直
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
DF38上原牧人 →山口和樹 (後半21分)
MF風間宏希→市丸瑞希 (後半37分)
MF風間宏矢→河合秀人(後半26分)
MF13河合秀人→小野伸二(後半37分)
MF20上里一将→上原慎也(後半21分)
MF28小泉佳穂
FW23池田廉

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名交代時間
GK26田口潤人
DF福井諒司
MF小野伸二後半37分
MF11田中恵太後半0分
MF18山口和樹後半21分
MF29市丸瑞希後半37分
FW21上原慎也後半21分

【福岡スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名交代選手(交代時間)
GK31村上昌謙
DF湯澤聖人
DFカルロス グティエレス
DF22輪湖直樹
DF50上島拓巳
MF重廣卓也
MF14増山朝陽→福満隆貴(後半38分)
MF16石津大介→田邉草民(後半38分)
MF40松本泰志
FW11山岸祐也
FW26遠野大弥→木戸皓貴(後半33分)

【福岡サブ】

ポジション背番号選手名交代時間
GK23杉山力裕
DFエミル サロモンソン
DF33ドウグラス グローリ
MF17福満隆貴後半38分
MF19田邉草民後半38分
FWフアンマデルガド
FW13木戸皓貴後半33分

スタメン&フォーメーション

試合結果

福岡
前半
後半

琉球

スタッツ

福岡琉球
37%ボール支配率63%
14シュート11
枠内シュート
308(68)パス(成功率)669(82%

試合全体の考察

琉球は前節から、変更は4人。

【IN】
リヨンジ
上原牧人
河合秀人
上里一将
  
【OUT】
福井諒司
田中恵太
茂木駿佑
市丸瑞希

小野伸二が2試合連続、ベンチスタート。

山口和樹が久しぶりにベンチ入り

19節京都戦以来の出場となるか?!

出場予想していた阿部拓馬は、

2試合続けてベンチ外となった。

得点力がある選手が、
2試合連続ベンチ外は気になる

一方、福岡のスタメンは、変更は6人。

フォーメーションは4-4-2 

要注意選手のファンマはベンチスタート。

福岡の攻撃の起点、

前寛之はベンチ外となった。



【前半6分:福岡】CKからファーサイドで上島がダイビングヘッドで合わせるが、惜しくも枠の外。

【前半9分:琉球】CKから福岡DFに跳ね返されるが、上原牧人がシュートまで打つ。しかし枠の外。

セカンドボールの位置を予測。
相手もちゃんと寄せてきた

【前半14分:琉球】小泉がスルスル~っとドリブルで相手をかわし、ペナルティエリア手前でシュートを放つ、、、が、ポストに直撃!

最後に深堀しています。

【前半17分:琉球】中盤でフリーでボールを受けた上里一将が、裏へ抜け出した池田廉に柔らかく浮いたボールを出す。しかし、相手に跳ね返されるが、風間宏矢が反応し、シュートまで放つ。惜しいシーンでしたが、、、枠の外。

【前半17分:福岡】琉球のミスから、遠野が一瞬の隙を突き、ミドルシュート。惜しくも枠の外。

リヨンジが浮いたボールの
対処を間違ってしまった。

【前半21分:福岡】増山が上手く裏へ抜け出し、右サイドからクロスを上げる。遠野が合わすが枠の外。

【前半25分:福岡】リヨンジの縦パスをカットされ、ショートカウンターを食らう。遠野がヘッドで折り返し、山岸がコントロールからシュートを打つが、ダニーカルバハルが身体を飛び出し、ビックセーブ

【前半30分:福岡ゴール0-1】右サイドの湯澤のクロスから山岸が胸でコントロールし、シュートを放つ。これが、山岸が移籍後初ゴールとなる。

【前半38分:福岡】松本がミドルシュートを放つが枠の外。

前半は

0-1 で折り返す。



前半のスタッツ

福岡琉球
43%ボール支配率57%
10シュート
183(73%)パス(成功率)280(81%)

ハーフタイムでの交代は、

琉球は  風間宏矢を下げ、田中恵太を投入。

福岡は交代なし。

  

【後半17分:琉球】小泉が中央の位置でボールを受け前を向くと、前線のスペースへ浮いたパスを池田廉に配給するが、、、ここもグティエレスが身体能力を生かし、パスカットをする。

【後半19分:琉球】田中恵太が右サイドからドリブルでペナルティエリアに侵入。ファールで倒されるが、ペナルティエリア入る前のファールと判定。

【後半21分:琉球】20上里OUT→21上原慎IN、38上原牧OUT→18山口IN

【後半28分:福岡ゴール0-2】福岡の連動したプレスに、琉球は引っ掛かり、遠野がボールを奪取。山岸のトラップが良かった。ボールを良い位置に置けたので、冷静にGKカルバハルの股下を狙った。

【後半29分:琉球】左センターライン付近から、沼田が前線へロングパス。相手の背後から抜け出していた上原慎也が、GKと1対1になるがシュートは枠の外。

【後半32分:福岡ゴール0-3】CKから上島のヘディングがループシュートのような形でゴールに吸い込まれる。

【後半37分:福岡】13河合OUT→7小野IN、6風間希OUT→29市丸IN

【後半39分:福岡】カウンターから、右サイド深くからクロス。山岸のシュートは枠の外。

【後半48分:琉球ゴール1-3】CKから、上原慎也がヘッドで田中恵太へパスを送る。上手くコントロールし、角度がほとんどない場所から強引にシュート。意地で一発返した。

クラブJ2通算100ゴール達成

試合終了。

スコアは1-3となりました。



相手の激しいプレス、最終ラインでは、

守備力が高いCBが、何度も跳ね返した。

シュート回数は11本を打っている。

【琉球決定的シーンは】
[前半14分]小泉のドリブルからシュート
[後半29分]2失点直後の上原慎也のシュート

なので、、、これだけのチャンスを、

モノに出来なかった。

だから負けた、、、と今は思います。



田中恵太の、

意地の一発は良かった!

あれが、有るのと無いのでは、

全然、気持ちが違った。


だから、残り9節、、、



次だ!





昇格争い中の福岡相手とのことで、

サッカーファンにとっては、



注目された試合だったと思います。



中継では、

飲水タイム時に、

他会場の動きを伝えてました。



リーグも終盤ですから、



これからは、

昇格争いが、更に注目されていきそう。



【アビスパ福岡】この試合での印象

  • グティエレスの守備が強かった
  • ボール奪取が上手かった(そして、縦に速い)
  • 先制した試合は、抑え込む力を持っている
  • 個々の能力が高い。自力でなんとかしてしまう。
  • 遠野は良い選手だと思った。
  • 山岸の1点目は、、、んー、審判っ!!

グティエレスは怪我の影響で、 ここまでの出場が僅か2試合目。

スペインリーグ2部 
105試合出場
5得点

福岡は、先制すると、、、

19勝2分1敗

先制すると圧倒的に勝率が高い!

失点シーン

【失点シーン①】前半31分

得点  山岸裕也

アシスト 湯澤聖人

【失点シーン②】後半28分

得点  山岸裕也

アシスト 遠野大弥

【失点シーン③】後半32分

得点  上島拓巳

得点シーン

【得点シーン①】後半48分

得点  田中恵太

アシスト 上原慎也

フォーメーションについて

後半0分

風間宏矢 → 田中恵太

後半21分

上原牧人 → 山口和樹

上里一将 → 上原慎也

後半37分

風間宏希 →  市丸瑞希

河合秀人 →  小野伸二

システム変更
4-3-1-2



ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:アビスパ福岡vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第33節 2020/11/11

次節の対戦情報

【対戦カード】

第34節(AWAY)

日時:11月15日(日)

14:00キックオフ

試合会場:トラスタ

【対戦相手】
V・ファーレン長崎
11/11時点(3位)



【今後の5連戦の日程】

30節31節32節33節34節
11/1(日)11/4(水)11/8(日)11/11(水)11/15(日)
大宮戦(A)甲府戦(A)山口戦(H)福岡戦(A)長崎戦(A)
〇3-0●0-1〇1-0●1-3次節対戦










ここまで読んで頂き、

ありがとうございます。

【おまけ】前半14分、小泉のシュートシーンを深堀り

小泉佳穂がDFの間で、

前を向いて受けると、

決定的なシーンを多く作れそう。

コメント