【FC琉球マッチレビュー】2021シーズン第6節〜大宮アルディージャ戦〜

マッチレビュー

このブログは、FC琉球を応援している、マサが書いたブログです。

参考にして貰えたら嬉しいです。

【わたしの経歴】
FC琉球2020シーズン全42試合
マッチプレビュー、マッチレビューを執筆

【マッチレビューを読むメリット】

なんとなく試合を振り返られる

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合の詳細

【対戦カード】

第6節(HOME)

日時:4月3日(土)

17:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
大宮アルディージャ
現在の順位 10位

スタメン&サブ

【琉球スタメン】

4-2-3-1

【琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK31猪瀬康介
DF李 栄直
MF10富所 悠
MF29市丸 瑞希
FW18清水 慎太郎
FW21上原 慎也
FW24赤嶺 真吾

【大宮スタメン】

4-2-3-1

【大宮サブ】

ポジション背番号選手名
GK40フィリップ クリャイッチ
DF22翁長 聖
DF42山越 康平
MF石川 俊輝
MF48柴山 昌也
FW23矢島 輝一
FW49大澤 朋也

試合結果

琉球
前半
後半

大宮

スタッツ

琉球大宮
52%ボール支配率48%
シュート
枠内シュート
575(83.3)パス(成功率)607(82.9

試合の考察

ここまで5連勝の琉球、前節は難敵千葉相手に逆転勝利を収め、ホームで6連勝を狙う。

対する大宮は、前節、長崎相手に勝利を収めた。

好調同士の対決で、点が大きく動く展開を予想されたが、

結果は0対0のスコアレスドローとなった。



琉球は、大宮の堅い守備を最後まで崩せず、今シーズン初の無得点で試合を終えた。

しかし、相変わらず、琉球の守備は安定している。

特にペナ付近の危険なシーンは少なかった

この試合最も、目立った選手は、

知念哲矢 選手です。

前節、知念選手はミスがありましたが、この試合は最後まで集中していた。

ハスキッチ選手を幾度なく抑えた。
慌てずビルドアップしていた。



後半途中から、

富所悠 選手を投入して、攻撃が活性化された印象がありました。

今後、富所選手のテクニカルなパスから、堅い守備ブロックを崩すのを期待したい。

大宮アルディージャの印象

  • 右SB馬渡の突破からクロスは厄介だった
  • 琉球のSBへのプレッシャーは激しかった
  • GK上田落ちつてて足元の技術もある
  • CB西村の守備が強かった
  • 全体的に守備の意識が高い
  • 柴山、大澤18歳コンビ途中出場(今後の活躍に注目したい)
  • 終盤、途中出場の翁長聖のシュートは危なかった

次節の課題

いよいよ、研究され、相手チームも対策を取ってきました。

それでも、、、

更に成長して、攻撃で打開していかないといけません。



次節はアウェイ、水戸戦です。厳しい戦いが続きますが、、、

次節は勝ちましょう‼︎

選手交代

後半19分

清武 功暉 → 清水慎太郎 

後半33分

風間宏矢 → 富所悠

風間宏希 → 赤嶺真吾

後半45分

池田廉 → 上原慎也

阿部拓馬 → 市丸瑞希



ハイライト動画

Jリーグ公式チャンネル(YouTube引用)

【公式】ハイライト:FC琉球vs大宮アルディージャ 明治安田生命J2リーグ 第6節 2021/4/3

コメント