【FC琉球マッチレビュー】アルビレックス新潟戦~2020シーズン第14節~

マッチレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、



今回のマッチレビューは、

FC琉球vsアルビレックス新潟

を書いています。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。



では、早速、

マッチレビュー記事を紹介します。

主な内容はコチラ

  • 試合詳細データー
  • 試合全体の考察
  • ハイライト動画
  • 次節の対戦情報

この記事はこんな時に読んで欲しい!

・試合を振り返りたい時
・次節までの課題を確認したい時

こちらも一緒に読んでほしい↓↓↓

試合詳細データー

試合情報

【試合情報】
J2リーグ第14節
FC琉球vsアルビレックス新潟
2020年8月23日(日)18:00
会場:デンカS
観客数:4476人
天気:晴
気温:27.1℃
湿度:61%
風:無風
主審:三上 正一郎  
副審:唐紙 学志 
副審:藤澤 達也

スタメン&サブ

【FC琉球スタメン】

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF鳥養祐矢
DF李栄直
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
MF11田中恵太
MF13河合秀人
MF18山口和樹
MF20上里一将
MF28小泉佳穂
FW風間宏矢

【FC琉球サブ】

ポジション背番号選手名
GK26田口潤人
DF福井諒司
DF38上原牧人
MF23池田廉
MF37幸喜祐心
FW21上原慎也
FW34川村琉偉

【新潟スタメン】

4-4-2

ポジション背番号選手名
GK22小島亨介
DF2新井直人
DF3マウロ
DF5舞行龍ジェームズ
DF7荻原拓也
MF6秋山裕紀
MF13中島元彦
MF20島田譲
MF33高木善朗
FW11渡邉新太
FW39矢村健

【新潟サブ】

ポジション背番号選手名
GK41藤田和輝
DF28早川史哉
DF31堀米悠斗
DF50田上大地
MF8シルビーニョ
MF17福田晃斗
FW14田中達也

スタメン&フォーメーション

試合結果

新潟
前半
後半

琉球

スタッツ

新潟琉球
46%ボール支配率54%
13シュート
枠内シュート
449(86)パス(成功率)544(86%
オフサイド
19フリーキック16
コーナーキック
ペナルティキック
イエローカード
レッドカード

試合経過

新潟琉球
イエローカード
島田 譲
前半18分
GOAL
高木善朗
前半43分
1-0
後半0分OUT
鳥養祐矢
IN
池田廉
後半5分イエローカード
河合秀人
OUT
島田譲
矢村健
IN
福田晃斗
シルビーニョ
後半13分
OUT
荻原拓也
IN
堀米 悠斗
後半15分
後半19分OUT
山口和樹
IN
上原慎也
後半22分イエローカード
上里一将
後半25分OUT
河合秀人
IN
上原牧人
後半27分イエローカード
池田廉
OUT
高木善朗
渡邉新太
IN
早川史哉
田中達也
後半34分
後半40分イエローカード
鈴木大誠

試合全体の考察

キツイ5連戦の最終戦となった、

アルビレックス新潟戦



この試合の注目選手として、

プレビュー記事で紹介した、

本間至恩 選手ベンチ外となりました。

ホームで対戦する時は楽しみにしています。



また、、、琉球で一番得点を取っている、

阿部拓馬ベンチ外となった。

なので、、

ワントップには誰が入るのか、、、

注目となった試合でした。



試合の流れとしては、新潟ペースだった。

交代枠を上手く使い、試合の流れを掴んだ。



  • 風間宏矢ワントップ起用
  • 失点シーンについて
  • 次節の課題は、、、

風間宏矢ワントップ起用

阿部拓馬は今節は、ベンチ外ということで、

スタメンでワントップを任されたのが、、、

風間宏矢だった。



FWには、

上原慎也、池田廉といった選手が

ベンチにいたが、

新しい起用方法を試した。

後半は、本来のポジションに戻り、
良いプレーしていた印象。

失点シーン

【失点シーン①】前半43分



新潟は自陣深くから、

トップの選手にボールを入れる。

これを、李栄直は、

相手より先にボールをカットを狙います。


しかし、相手選手が、

上手く体を入れ、スルーを選択。



背後のスペースに反応していた、

新潟の#39矢村にボールが渡る。

鈴木大誠と1対1の状況になる。



この時、

鈴木大誠のディフェンスは、

中を切り、縦ドリに誘導させたかったはず。



しかし、矢村は、

ドリブルの縦ドリの選択はせず、




味方選手が駆け上がる時間を作り、

中央の#20島田にパス。

ゴールに向けてトラップできたことで、

シュートの意識させると、



サイドから駆け上がってきた、

#33 高木 善朗にスルーパス

これをダイレクトで流し込んだ。


上手いシュートだった。
0点で前半を終えたかった。

次節の課題は、、、

まず、ガンバ大阪から、

MF 市丸瑞希選手が,、

FC琉球に期限付き移籍で加入しました。



市丸瑞希選手が加入したことにより、

上里一将の負担減少が期待できる。

ていうか、

バリバリに活躍してほしいです。



市丸選手といえば、、

  • 年代別の日本代表経験あり
  • 攻撃を組み立てるのを得意とするプレーヤー
  • 遠藤保仁の後継者としても注目されている



5連戦後の試合なので、

また、

いいスタート出来るように期待したい。

怪我人も、そろそろ戻ってきそう。

だけど、、、台風が心配だ。



ちばりよー

ハイライト動画(DAZN公式)

DAZN公式(YouTube引用)

【公式】ハイライト:アルビレックス新潟vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第14節 2020/8/23

次節の対戦情報

【対戦カード】

第15節(HOME)

日時:8月29日(土)

19:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
モンテディオ山形
8/23時点(12位)

5連戦を振り返ろう

8/8(土)8/12(水)8/16(日)8/19(水)8/23(日)
東京V戦(A甲府戦(H群馬戦(A)栃木戦(H)新潟戦(A)

2勝2敗1分

播戸竜二の解説は、選手目線で面白い!【おまけ】

新潟戦の解説は、FC琉球でも活躍した、

播戸竜二でした。

選手として活躍してきた、

ストライカー目線からの解説は面白かった。



現役時代は、

大事な場面で得点を決めてきた、

ストライカーだからこそ、、、



愛のあるダメ出しが聴けて、

面白かったです。



後半開始4分頃

河合秀人がシュートまで、

打てなかったシーンについて

ダイレクトでシュートを打つのか、
コントロールするのか、
最後のところで、
クオリティーを上げないと
ゴールはできない



できれば、また、

小野伸二が怪我から復帰したら、

解説してほしいな。



ここまで読んで頂き、

ありがとうございます。

コメント