【FC琉球マッチプレビュー】2021シーズン第10節〜ヴァンフォーレ甲府戦〜

マッチプレビュー

このブログは、FC琉球を応援している、マサが書いたブログです。

参考にして貰えたら嬉しいです。

【わたしの経歴】
2020シーズン全42試合
マッチプレビュー、マッチレビューを執筆



【マッチプレビューを読むメリット】

これから応援したい人でも、情報がなんとなく分かる。



【対戦カード】

第10節(HOME)

日時:4月25日(日)

17:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ヴァンフォーレ甲府
現在の順位 6位





予想スタメン&予想フォーメーション

琉球甲府

※予想スタメンなので、実際のスタメンと異なる場合があります。

FC琉球

4-2-3-1

ヴァンフォーレ甲府

3-4-2-1


ヴァンフォーレ甲府について

伊藤彰監督が率いて3年目

可変システム「3−4−2ー1」を成熟させ、J1昇格を目指す

クラブカラーブルー
2020シーズン順位J2リーグ4位
【主な有名な選手】 
野津田岳人
荒木翔
泉澤仁

前回対戦した時の内容

【対戦日程】
2020シーズン 
第31節(11/4)AWAY

中2日のアウェイ戦で、甲府は前節からスタメンを9人変更して臨んだ試合。前半から甲府のペースで試合を展開していく。後半13分、甲府の中山陸のシュートが、DFの鈴木大誠に当たったボールが、コースが変わり、失点してしまう。

しかし、その後の、

琉球の攻撃は、迫力があり、得点まであと少しだったが、

甲府の集中した守備ブロックを、最後まで崩すことが出来ず、無得点のまま、0対1で敗れた

【対戦した時の印象】

  • ターンオーバーを採用(選手層が厚い)
  • 堅い守備ブロック(5バックも採用)
  • 時間稼ぎをせず、琉球の猛攻を耐えた

【試合結果】

甲府
前半
後半

琉球

【スタッツ】

甲府琉球
47%ボール支配率53%
17シュート13
枠内シュート
631(85)パス(成功率)704(85%

【得点者】 

後半13分 中山陸(甲府)




前回対戦のハイライト動画

Jリーグ公式チャンネルより

【公式】ハイライト:ヴァンフォーレ甲府vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第31節 2020/11/4





注意すべき選手は、、、

#41 MF 長谷川 元希

ここ2試合で、3ゴールという活躍。甲府の中で、最も勢いがある選手だ。ポジションは右のシャドーの位置で、果敢にペナ内に飛び込み、正確なキックでゴールを狙ってくる。

攻撃的なポジションを複数こなす万能型MF

伊藤彰監督とは、大宮アカデミー時代からの付き合いで信頼も厚い。

【この選手のココが凄い】
セットプレーのキックの精度も高い
前線からの守備の意識も高い

長谷川元希選手を詳しく紹介した動画

【ヴァンフォーレ甲府】長谷川 元希選手をわかりやすく解説 | すたじおジロー

試合内容の展望

大敗を払拭したい琉球

上位食い込みを狙う甲府

前節、琉球は、

町田に0対3で敗れ、シーズン初の黒星となった。町田の琉球対策がハマり、琉球の自慢のサイド攻撃は完全に封じ込まれ、無得点で試合を終えた。

このショックを払拭する為にも、甲府とのホーム戦は、白星が絶対条件なのだが、過去の対戦成績では、4戦全敗と相性は最悪だ。

なので、琉球にとっては、

上位をキープする為にも、今シーズンの中でも重要な1戦になりそうだ。

対する甲府は、相模原戦で勝利し、5試合ぶりの白星となった。

現在2位の琉球との対戦となるので、上位との勝ち点差を、縮める絶好のチャンス。

なので、勝利を狙いに、強い気持ちで、アウェイ琉球戦に挑む。





琉球の注目選手は、、、

#11 MF 中川風希 選手

J3優勝の立役者で、今シーズン京都から期限付き移籍で、琉球に戻ってきた選手。

これまで、ベンチ外が続いていたが、

前節の町田戦で、途中出場を果たし、0対3での厳しい展開からの出場だったが、中川の復帰は、琉球にとっては、明るい話題。

是非、ホーム戦の甲府戦で活躍し、琉球サポーターに、成長した姿を届けて欲しい。

【この選手の凄い所】
ドリブル、パス、シュートの能力が高い
横浜FMに移籍するまでの3試合4アシストは圧巻



甲府のココに注意!

  • 前半からの得点率が高い
  • セットプレーからの得点

琉球が勝つ為のポイント

  • コンディションを整える
  • 後半で勝負‼︎





以上が、マッチプレビューです。

ここまで読んでくれて、

ありがとうございました。

コメント