V・ファーレン長崎戦のマッチプレビュー【2020シーズン第5節】

マッチプレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年

土曜日にタピスタで試合がありましたが、

水曜日にもタピスタで試合が開催されます。



これからは、

夏場での連戦が続きますので、

より、サポーターの応援が必要かもしれません。



さて、、、今回の記事は、



FC琉球が対戦する、

第5節V・ファーレン長崎戦の

マッチプレビュー記事です。



試合前などに読んで頂けたら嬉しいです。

【対戦カード】

第5節(HOME)

日時:7月15日(水)

19:00キックオフ

試合会場:タピスタ

 【対戦相手】
V・ファーレン長埼
順位(2位)7/11時点

予想スタメン&予想フォーメーション

予想スタメン&フォーメーションです。

前節のスタメンを参考

FC琉球

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF鳥養祐矢
DF李栄直
DF14沼田圭悟
DF15知念哲也
MF風間宏希
MF風間宏矢
MF20上里一将
MF27茂木駿佑
MF28小泉佳穂
FW16阿部拓馬

GK

ダニーカルバハルを予想。

前節の3失点は悔しい結果となった。

今節は、力を発揮してほしい。

DF

DF鳥養祐矢
DF李栄直
DF14沼田圭悟
DF15知念哲也



左サイドバックは沼田圭悟を予想。

積極的な攻撃もあったが、

クロスミスも目立った。




右サイドバックは鳥養祐矢を予想。

前節は、左サイドから攻撃が主体だった。

右サイドから左サイドへの

サイドチェンジも何度かあった。



センターバックは、


李栄直、知念哲也を予想。




李栄直は、

前節は、初めて出場した、

知念哲也とタッグを組んだ。

失点以外は、良いパフォーマンスだった。



知念哲也は、

期待のルーキーの初出場だったが、

期待には応えられず、

悔しい結果となった。



更なる成長に期待したい。

MF

MF風間宏希
MF風間宏矢
MF20上里一将
MF27茂木駿佑
MF28小泉佳穂



ボランチは、

上里一将、風間宏希を予想。



上里一将は、

広いエリアでボールを受けていた。



試合中は、味方選手に、

気が利く指示で

声を掛けしていた。



風間宏希は、

ドライブをかけた惜しいシュートを放った。

次節も積極的にシュートを打ってほしい。



左サイドは、

茂木駿佑 。はじめて左サイドでの起用。

両足でシュートを打てるのは魅力だった。



右サイドは、風間宏矢

中央よりのプレーだったが、

チャンスを作っていた。

惜しいシュートも放った。




トップ下は、小泉佳穂

前節は、

琉球で一番目立った選手だと感じた。

アシストも精度が高いパスだった。

FW

FWは阿部拓馬を予想。

前節は、1ゴールを記録した。



阿部拓馬をどう生かすかで、

琉球の攻撃のバリエーションが増えそう。

更にゴールを決め、

活躍に期待したい。

V・ファーレン長崎

前節のスタメンを参考

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GK21 高木和徹
DF 亀川諒史
DF 角田誠
DF16 毎熊晟矢
DF26 二見宏志
MF10 ルアン
MF13 加藤大
MF17 秋野央樹
MF19 澤田崇
FW 富樫敬真
FW14 名倉巧

フォーメーションが、

4-2-3-1だが、

3バックにも変更することがある。


過去の対戦成績

【過去の対戦成績】

得点失点

2019シーズンに対戦しています。

成績は互角ですが、、、

圧倒的に戦力は違います。



逆転で勝利した時は、嬉しかった。



V・ファーレン長崎について

戦力も揃っていて、

負けなしの勢いがあるチーム



現在の順位は2位。



監督は、、、

リオオリンピックで監督や、

ロシアワールドカップでコーチを務めた、



手倉森監督

長崎を指揮して2年目。



前節は、途中出場した、

イバルボのPKで先制。

CKからカイオ・セザールのゴールで

愛媛に2-0で勝利した。

注意すべき選手は


注意するべき選手を3人あげます。

#14 名倉巧  
#32イバルボ
#9 富樫敬真

名倉巧は、、、

FC琉球に所属していた選手で、

長崎でも出場機会が増えてきている。

出場したら、楽しみな、

琉球サポーターも多いはず。



イバルボは、、、

元コロンビア代表、

サガン鳥栖でもプレーしていた。

昨シーズン途中から長崎に加入。

今シーズンは、

スーパーサブ的な存在で活躍している。

前節は途中出場でPKで得点。



富樫敬真は、、、

ポストプレーを得意としている選手。

現在2ゴールを記録。

試合内容の展望

  • 絶好調のイバルボを阻止しろ!
  • こんな試合展開を期待!

絶好調のイバルボを阻止しろ!

最近の試合を観ていると、

イバルボは途中出場から活躍している。



なので、、、

琉球の守備の対応や、

樋口監督の采配にも期待したい。

こんな試合展開を期待!

「ホームの有利を生かして戦う」

長崎は連戦も考えて、

スタメンを変更する可能性があると思う。



連戦でもあり、、、長距離移動。

しかも、沖縄の蒸し暑いなかでの戦い。

長崎にとっては、間違いなく、

厳しい戦いになる。



なので、まず、、

琉球はボールを保持し、

チャンスを多く作り、

先制点を先にすることが重要。



「複数失点をしない、我慢すること」

琉球は、、、

後半の失点数がダントツに多い。



イバルボのみたいなスーパーサブには、

最大の注意が必要。



連敗中のチームが、

調子が良いチームを叩いたら、

「最高に面白い展開だな!!」

って思うはずです。



昨シーズンの逆転劇もあったから、

期待して、タピスタで応援します!



以上が、マッチプレビューとなります。

楽しんでいただけましたか?

マッチレビューの方も書く予定なので、

そちらも読んでもらえたら嬉しいです。



ここまで、

ありがとうございました。

コメント