ジュビロ磐田戦のマッチプレビュー【2020シーズン第8節】

マッチプレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、今回の記事は、



FC琉球が対戦する、

第8節ジュビロ磐田戦の

マッチプレビュー記事です。



試合前などに読んで頂けたら嬉しいです。

【対戦カード】

第8節(HOME)

日時:7月29日(水)

19:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
 ジュビロ磐田
7/26時点(10位)

予想スタメン&予想フォーメーション

予想スタメン&フォーメーションです。

前節のスタメンを参考

FC琉球

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GKカルバハル
DF李栄直
DF11田中恵太
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
MF風間宏希
MF小野伸二
MF風間宏矢
MF20上里一将
MF27茂木駿佑
FW16阿部拓馬

ジュビロ磐田

前節のスタメンを参考

4-4-2

ポジション背番号選手名
GK八田直樹
DF13宮崎智彦
DF15伊藤洋輝
DF24小川大貴
DF33藤田義明
MF上原力也
MF大森晃太郎
MF14松本昌也
MF23山本康裕
FW小川航基
FW11ルキアン


過去の対戦成績

過去の対戦はなし

ジュビロ磐田について

前節の徳島戦では、

前半早くも、2点を追いかける展開になり、

シュートチャンスもあったが、

得点を奪えず、0対2で敗れた。



基本、4バックの両サイドは大きく広がる。



2トップの片方が、

サイドに流れボールを受けると、

そのスペースを、

2列目の選手が狙う。



左サイドの大森は、自由にボールを受け、

中央寄りになると、

チャンスを作れるようになった。

【公式】ハイライト:ジュビロ磐田vs徳島ヴォルティス 明治安田生命J2リーグ 第7節 2020/7/25

【失点シーンは】

1失点目はCKからの失点。

サインプレーっぽい。

2失点目はスローインから、

ペナルティエリア深くまで侵入され、

ハンドでPKを与え、失点される。

注意すべき選手は

#9 FW 小川航基 
#8 MF 大森晃太郎

小川航基は、

前節は、惜しいシュートもあったが、

無得点だったが、

ゴールに飢えている選手なので、

仕事をさせない様に、守備陣は耐えたい。



大森は、

自由にボールを受けてチャンスを演出する。

左サイドからカットインでシュートも打つ。



試合内容の展望

厳しい日程が組まれ、3連戦の2戦目

7/25(土)7/29(水)8/1(土)
愛媛戦(A)磐田戦(H)岡山(A)

もしかすると、両チームとも、

メンバーを大幅に変更が

あるかも知れませんが、、、

アウェイ戦では、移動が大変。

相手が、アウェイ2連戦と考えると、

琉球は勝利が条件だと思う。

7/25(土)7/29(水)8/2(日)
徳島戦(H)琉球戦(A)愛媛(A)



琉球の前節からの反省では、

追加点を取る!

複数失点を防ぐ!

勝利!

とあげました。

良いサッカーを続けているので、

期待したい。



琉球の注目選手は、、、

小泉佳穂だ!!

前節は出場時間は短かったが、

チャンスを演出し、存在感を魅せた。



FC琉球公式YouTubeチャンネルより

小泉佳穂のインタビュー

磐田戦に向けてのコメント

THE RYUKYU |interview KOIZUMI



以上が、マッチプレビューとなります。

楽しんでいただけましたか?

マッチレビューの方も書く予定なので、

そちらも読んでもらえたら嬉しいです。



ここまで、

ありがとうございました。

コメント

  1. ショウ より:

    マサさん、分かりやすくて最高っす!