スポンサーリンク

【FC琉球マッチプレビュー】2021シーズン第18節〜ギラヴァンツ北九州戦〜

マッチプレビュー

このブログは、FC琉球を応援している、マサが書いたブログです。

参考にして貰えたら嬉しいです。

【わたしの経歴】
2020シーズン全42試合
マッチプレビュー、マッチレビューを執筆



【マッチプレビューを読むメリット】

これから応援したい人でも、情報がなんとなく分かる。



【対戦カード】

第18節(HOME)

日時:6月13日(日)

19:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ギラヴァンツ北九州
現在の順位  18位





予想スタメン&予想フォーメーション

琉球北九州

※予想スタメンなので、実際のスタメンと異なる場合があります。

FC琉球

4-2-3-1

ギラヴァンツ北九州

4-1-4-1


ギラヴァンツ北九州について

昨シーズンの9連勝は、リーグ全体に衝撃を与えた。しかし、後半には失速し、シーズン5位で終えたが、健闘していた印象。

今シーズンは多くの主力選手がチームを去ったが、

攻撃的サッカーから、ハイプレス、カウンターが武器の素晴らしいクラブ



【クラブの概要】

クラブカラーイエロー
ホームスタジアムミクニワールドスタジアム北九州
2020シーズン順位J2リーグ5位
【主な有名な選手】 
高橋大悟

注意すべき選手は、、、

#10 MF 高橋 大悟

アシストも得点も奪える。相手にとっては、特に危険な選手。現在は4ゴールの活躍で、北九州にとっては絶対的な10番。

【この選手のココが凄い】
左足のキックが上手い

【公式】ギラヴァンツ北九州チャンネルから

PLAYER's CHANNEL ~第3節琉球戦 髙橋大悟選手の3アシスト~

過去の対戦成績

琉球通算成績北九州
2勝2分2勝

前回、FC琉球と対戦した時の内容

【対戦カード】

第35節(HOME)

日時:2020年11月21日(土)

16:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦した時の印象】

  • FW鈴木国友が厄介だった
  • GK永井堅梧は安定していた

【試合結果】

琉球
前半
後半

北九州

【スタッツ】

琉球北九州
45%ボール支配率55%
10シュート11
枠内シュート
449(79)パス(成功率)552(82%

【得点者】 

前半32分 風間宏希(琉球)

前半33分 藤原奏哉(北九州)

前回対戦のハイライト動画

Jリーグ公式チャンネルより

【公式】ハイライト:FC琉球vsギラヴァンツ北九州 明治安田生命J2リーグ 第35節 2020/11/21

試合の展望

【琉球】3試合勝利なし。無観客のホームスタジアムから勝利を届けたい

【北九州】内容は悪く無い。連敗は避けたい。

琉球は前節、秋田と対戦し、激しいプレスとピッチに苦しみ、終盤に劇的ゴールを決められ、掴みかけていた勝ち点3を失い、痛い引き分けとなった。

琉球は3試合勝ちが無く、先制点は奪うが、得点直後の失点が続いており、勝ち切れていない印象。スタジアムに来れないサポーターに勝利を届けたい。

北九州は2連勝で迎えた、前節ホームで好調の磐田戦に挑んだが、惜しくも敗れた。だが、好調磐田相手にも、内容は良かっただけに、連敗は避けたい。



予想される試合展開は、、、

ボールポゼッション率が高いチーム同士なので、「主導権の奪い合い」が目立つ、試合展開になると予想。

ただ、琉球は北九州のハイプレスには注意が必要。

ビルドアップから、ハイプレスを剥がし、数多くチャンスを演出することを琉球は狙いたい。

しかし、琉球は前節「相手にやりたいサッカーをさせない」という秋田の戦術に、「自分達のサッカー」をさせて貰えず、悔しい試合となった

なので、、、

「自分達のサッカー」を体現し、前節の悔しさを払拭できるか注目の一戦となる。

琉球の注目選手は、、、

#6 MF 風間宏希 選手

巧みなボールコントロール、高精度な縦パスなど、高い技術を持った選手。

あまり目立たないが、守備での貢献度も高い。

前回対戦した時は、ゴールを奪っており、良い感覚で試合に臨めると思う。

【この選手の凄い所】
サッカーが上手い



注意すべきポイント

北九州のココに注意!

  • ハイプレス、鋭いカウンター

勝つ為のポイント

琉球が勝つ為のポイント

  • 粘り強く戦う(得点直後の失点が目立つ)



マッチプレビューを動画にしました。

masablog YouTubeチャンネル

【FC琉球マッチプレビュー】第18節 ギラヴァンツ北九州



以上が、マッチプレビューです。

ここまで読んでくれて、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
マッチプレビュー
マサをフォローする
スポンサーリンク
masablog

コメント