スポンサーリンク

ファジアーノ岡山戦のマッチプレビュー【2020シーズン第39節】

マッチプレビュー

こんにちは。
マサ(@masamasablog)です。

【主なプロフィール紹介】
・沖縄生まれ沖縄育ち
・FC琉球サポーター歴 → 4年
・ブログ歴 → 1年



さて、、、今回の記事は、



第39節に対戦する

ファジアーノ岡山戦の

マッチプレビュー記事です。



今節の対戦カード↓↓↓

【対戦カード】

第39節(HOME)

日時:12月6日(日)

13:00キックオフ

試合会場:タピスタ

【対戦相手】
ファジアーノ岡山
12/2時点(15位)



この記事は、

試合前などに読んでもらいたい。



予想スタメン&予想フォーメーション

FC琉球

4-2-3-1

ポジション背番号選手名
GKダニーカルバハル
DF福井諒司
DF11田中恵太
DF14沼田圭悟
DF24鈴木大誠
MF風間宏希
MF13河合秀人
MF18山口和樹
MF28小泉佳穂
MF29市丸瑞希
FW19人見拓哉

ファジアーノ岡山

前節のスタメンを参考

4-4-2


ファジアーノ岡山について

順位が近い勝ち点が近い、

絶対に負けたくない相手

クラブカラーファジアーノレッド
2019シーズン順位J2リーグ9位
【主な有名な選手】 
・徳元悠平
・上田康太
・上門知樹
・イヨンジェ
・赤嶺真吾

前節の対戦内容

岡山は前節、

アビスパ福岡と対戦した。



福岡の素晴らしいパスワークから

岡山の守備を崩し、

岡山が先に失点するが、



セットプレーから

イヨンジェが押し込み同点に持ち込む。



結果、1-1のドローとなり、

貴重な勝ち点1を積んだ。



岡山
前半
後半

福岡





ハイライト動画

【公式】ハイライト:ファジアーノ岡山vsアビスパ福岡 明治安田生命J2リーグ 第38節 2020/12/2



前回対戦した時の内容

【前回対戦】
第9節(8/1)の対戦。



【対戦した時の印象】

  • 今シーズン初勝利した相手
  • 元琉球だった、徳元悠平が欠場
  • 上田康太が厄介だった

【試合結果】

岡山
前半
後半

琉球

【スタッツ】

岡山琉球
36%ボール支配率64%
シュート15
枠内シュート
294(70)パス(成功率)606(85%

【得点者】 

前半16分  三村真(岡山)

後半14分  上里一将 (琉球)

後半39分  阿部拓馬(琉球)




前回対戦のハイライト動画

【公式】ハイライト:ファジアーノ岡山vsFC琉球 明治安田生命J2リーグ 第9節 2020/8/1




ここ最近の情報

【欠場情報】
椎名一馬 
山田恭也 
増谷幸祐 
廣木雄磨 
武田拓真 
喜山康平 
三村真



注意すべき選手は、、、

#19 MF 上門知樹



強烈なシュート力、

得点能力が高いアタッカー

昨シーズンまで琉球に所属しており、

未だに、ファンが多い。



琉球には、

特徴を知っている選手が多いので、

対策が取れる



しかし、それは、

上門にとっても同じ。



なので、この試合では、

厄介な相手選手になって、

沖縄に帰ってきます。



「絶対に、活躍させたくない!

と、わたしは思って、応援します。

今シーズンここまで
7ゴール

最近5試合の成績は

【琉球】

第34節第35節第36節第37節第38節
1-0(長崎)1-1(北九州)0-3(磐田)4-0(東京V)0-2(金沢)
2勝2敗1分
得点6
失点6

【岡山】

第34節第35節第36節第37節第38節
1-1(磐田)0-1(松本)2-3(栃木)1-1(北九州)1-1(福岡)
2敗3分
得点5
失点7

試合内容の展望

予想フォーメーションから、

マッチアップする選手を並べています。



前節、琉球は、

ホームで、ツエーゲン金沢に

0-2で敗れた。



内容は悪くなかったが、

結局、

最後の場面で、

シュートを枠外に外し、



無得点のまま、

試合終了。



負けた後は、

ホントに悔しかった。



一瞬、

ネガティブになった。



でも、

また、、、



すぐに試合がやってくる。



また、

チームに勇気を与える

応援をしていきたいと思います。







琉球の注目選手は、、、

#23 FW 池田廉

大卒ルーキーだが、非常に能力が高く、

味方選手との連携が素晴らしい。



琉球の攻撃を、間違いなく、

活性化させることができる選手です。



ここ最近は、

ゴールから遠ざかっているが、、、



多くのサポーターは、

ゴールを望んでいると思います。



ファジアーノ岡山のココに注意!

  • 上田康太の縦パスに注意
  • イ ヨンジェの決定力
  • 上門知樹のシュート
  • 終盤の赤嶺真吾のパワープレー

FC琉球が勝つ為のポイント

  • 上門を抑える
  • 粘り強く、最後まで、戦う。
  • ホーム戦のメリット。移動が少ないから、相手より疲労が少ない。



出場時間が合えば、

楽しみな、マッチアップがあります。



風間宏矢、田中恵太 

VS 

徳元悠平、上門知樹



昨シーズン、

一緒に琉球で戦ってきた

選手同士のマッチアップは

琉球サポーターにとっては、



激熱だと思います。



勝ちましょう!






以上が、マッチプレビューです。

ここまで読んでくれて、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
マッチプレビュー
マサをフォローする
スポンサーリンク
masablog

コメント